糖質制限ダイエットの教科書

糖質(炭水化物)の種類と役割

糖質制限の事を考えていくと「一体糖質って何?」という素朴な疑問にぶつかります。そこで、糖質について少し知識を付けていきませんか?

 

糖質制限ダイエットをするのであれば、糖質の意味を知る事も必要なのではないでしょうか。出来るだけ分かりやすく、説明をしていきたいと思いますので、チェックしてみてくださいね。

 

糖質と炭水化物

食事などで摂取した「炭水化物」というのは、体内で吸収されてエネルギーへと変換されます。炭水化物の中にはエネルギー変換の材料となる「糖質」が含まれており、糖質がエネルギーに変換されていきます。

 

炭水化物には食物繊維も含まれていますが、こちらはエネルギー変換に必要ないものなので、吸収されないまま体外へ排出されていきます。つまり「炭水化物」を摂取すると、自然と体の中で「糖質」が吸収されてしまうと言うメカニズムなのです。

 

糖質にはたくさんの種類がある

糖質というのは「単糖」というものが主体となり、単糖が2つ一緒になったものを「2糖類」と呼び、単糖が3つ一緒になったものを「3糖類」と呼びます。さらに2〜10個の単糖が一緒になっているものを「多糖類」といいます。

 

これらの単糖は全て「糖類」という総称で呼ばれていますので、まとめられてしまう事も多いです。

 

単糖の種類

ブドウ糖、果糖、ガラクトース

 

2糖類

ショ糖、還元麦芽糖、乳糖、トレハロース、マルトース

 

3糖類

メレジトース、マルトトリオース

 

多糖類

でんぷん、グリコーゲン、ガラクタン、セルロース、ペクチン、グルコマンナン

 

エネルギー変換され脂肪になる糖類

2糖類、3糖類、多糖類というのは体に入ってから消化器官で分解されて単糖の状態になっていきます。そして体に吸収され血液の中に入っていき「血糖値」を上昇させる要因になります。そこからエネルギーになる糖類以外の使いきれない糖類が、脂肪となって体に蓄積されていきます。

 

糖類の名前は覚える必要はほとんどないとは思いますが、糖類がどんなものなのか分かってもらえればいいかなと思います。難しいことは詰め込まなくても、炭水化物に含まれた糖類の行く末や、炭水化物と糖質の関係が分かれば糖質制限ダイエットの意味も分かってくるかと思います。