糖質制限ダイエットの教科書

糖質制限中の主食となるタンパク質について

タンパク質の画像

糖質制限ダイエットをするときに、糖質以外の栄養素を摂取して生活する事になります。体に必要な栄養素は様々ありますが、お肉や魚に含まれている「タンパク質」をたくさん摂取しがちになってしまいます。

 

糖質制限なので、炭水化物は制限する事になりますから、主食を食べることが出来ないことで「お肉」に意識が行ってしまう人が多いのです。もちろんタンパク質は体にとって必要な栄養素でありますが、摂取しすぎるというのはどうなのでしょうか?

 

そこで、糖質制限におけるタンパク質の必要性についてもう少し詳しくお話をしていきたいと思います。

 

タンパク質とは?

実はタンパク質というのは、脂肪として体に蓄積されない栄養素になっています。つまり必要量だけ体の中に吸収される分はいいのですが、残りの行き場を無くしたタンパク質は「肝臓」に送られてしまうのです。肝臓に送られることがイケないことなのか?というと、あまりよくはありません。

 

肝臓は・・・
食べ物を消化する為に胆汁を生成していますし、アンモニアを尿素に変換する役割をもっています。さらに体内に入ってきた有害物質を無害な状態にするという働きもありますし、アルコールを分解して処理する役目もあります。

 

つまり、肝臓はとてもよく働く臓器なので、これ以上の負担をかけてしまうと肝臓に悪影響が及んでしまうのです。ですから、残ってしまったタンパク質が肝臓へ行ってしまうのは良くないことなのです。

 

ですから、タンパク質は摂取するのはもちろん良いのですが、摂取し過ぎには注意をする必要があるという事になります。

 

タンパク質で何が出来る?

人間の体というのは日々古い細胞が死滅していき、新しい細胞が生まれていく事で成り立っています。新しい細胞を生み出すには、新陳代謝が働くことが絶対なのですが、この新陳代謝の働きを助けるのが、タンパク質になります。

 

つまり、人間が生きていく為に必要不可欠な栄養素という事になります。他にも筋肉を強くする、生成する為に役立つとも言われていますので、タンパク質を摂取すると健康維持に役立つと考えていいでしょう。