糖質制限ダイエットの教科書

始める前に糖質制限の基本的なルールを確認しよう

いざ糖質制限ダイエットを開始してみましょう!男性も女性も誰もが簡単に始めることができますので、チャレンジしたい人は一緒にここからスタートです。

 

ちなみに、健康状態が良好な場合のみ始めることができます。もしも体調不良や病気がある場合には、自分の判断で始めないようにしてください。糖質を制限していきますので、病気などを治療中の方には悪影響が及ぶこともありますので、医師に相談をするなどしてください。

 

あなたはどんな糖質制限タイプ?

糖質制限ダイエットにはいくつかの種類がありますが、自分の生活スタイルに合った方法で行っていきましょう!

 

1日1回炭水化物アリ

スタンダードだと言われている糖質制限ダイエットが、1日1回の食事で炭水化物を摂取してもOKという方法です。朝・昼・夕の好きな時間帯の食事で1回だけ炭水化物を摂取します。

 

1日2回炭水化物アリ

プチ糖質制限ダイエットと言われている、1日2回の食事で炭水化物を摂取する方法です。2回も炭水化物を摂取できるので、比較的簡単に始めることができますが、1日1回と比較すると、効果がみられるまでに時間がかかります。

 

朝からしっかり食事をしましょう

糖質制限ダイエットでは、1日3食しっかり食べることを推奨しています。ですから朝ごはんを抜いているという人は、食べる習慣を一緒に習得していくようにしてください。仕事をしている人は、忙しいという理由で朝食を抜いてしまいますが、本気でダイエットをするのであれば必ず何かしら口にするようにしてくださいね。

 

食事のルール

糖質を制限していくので、基本的に増やしていきたいのは「魚・肉・野菜」といった食品になります。ちなみにその中でもおススメなのが、魚は青魚、肉は赤身、野菜は葉物です。カロリーは通常の摂取量をキープしていくのがルールなので、糖質を抜いた分のカロリーは魚や肉などで補っていきます。

 

外食でも糖質制限

今とても注目されている糖質制限なので、コンビニなどのお弁当やパンなどでも「低糖質」という種類が販売されるようになりました。糖質の量も記載されているので、管理がしやすくて便利です。昼は外食が多いと言う場合には、こういったものを活用して糖質を制限していきましょう。

 

炭水化物を食べる時

1日に1回か2回は炭水化物を摂取してOKという事ですが、その時に大量に炭水化物を摂取してはいけません。いつも通りか、ちょっと少ない位の炭水化物の量にする事がポイントです。

 

朝から夜まで、糖質制限を意識した食事を摂るようにするのがこのダイエットのやり方です。できるならば、適度な運動をすることも付け加えられたらベストですね!例えば散歩をする、30分程度のウォーキングなど、身近で簡単にできることで構わないので体を動かすことも並行して行うと良いでしょう。